出来るようになること

人生において成功するための基礎を作ります。

人生において成功するための基礎を作ります。

「公立中高一貫校」

「国際バカロレア」教育システム

「インターナショナルスクール」

上記の教育システムは、日本における選択の多様化と、海外留学などとあいまって、近年多くの保護者の方々の注目を集めてきています。

その多くは、より世界全体に目をむけたグローバルなものであるだけでなく、創造的(クリエイティブ) な能力/個性を育てることがより重視されてきていると言えます。 これらに共通して言えることは、創造力とイノベーション・問題解決、意思決定・コミュニケーション等の適応能力を身につけ、グローバル社会を生きるために必要な知性や人格等のスキルを磨くことです。

things
things01

受検について

現在の入学の選考基準は、今までのペーパーテストによる学力を問う試験というよりも、適性検査と位置づけられており、「受験」ではなく、「受検」だと考えられています。 これを、国を上げて普及・拡大を推進しており、東京大学・京都大学等、国立大学の入試が導入され始めました。

日本の教育制度について

日本の教育制度について

子どもたちに「必要なスキルとは何か」。

それが、「21世紀型スキル」=「スキルの育成」だと考えています。

グローバル社会を生き抜くために求められる一般的な能力は

「創造力」

「問題解決能力」

「コミュニケーション・コラボレーション能力」

がそれにあたります。

これは、米国においての、「世界レベルの教育水準達成を目指す」というところから、端を発しています。

36c421b81d1a58a3eb4b61690c7c9e26_s

当スクールでは

米国で最も高い評価を得ている
幼児教育カリキュラム「Creative Curriculum@」
を導入し子供たちの興味を刺激する発達段階に応じたプログラムや、子供の興味分野に基づく環境・アクティビティを用意しています。

この国際的コミュニケーション能力を高めるポイントが、他の英会話スクールとの大きな違いです。

a99d4621072b1da7e320be9e38d2f612_s

世界を舞台、グローバルに活躍できる人材を育成します。

世界を舞台、グローバルに活躍できる人材を育成します。

「人間が言語を学習する上で適した年齢」というものがあります。

外国語の習得は、「7歳までであれば、母国語以外の言語でも、スムーズに吸収できる」と言われています。

この時期までに英語教育をはじめると、「日本人が苦手」としている発音を習得することができ、さらには「英語で物事を考える」力もつくとされています。

遅くとも小学生高学年くらいまでに始めると、「ネイティブレベルの英語力が身につきやすい」とされています。

当スクールでは、5歳時までは、たくさんのボキャブラリーを学んで頂き、キンダースクール・小学生クラスを通して、出来る限り米国のプログラムに近づけていき、世界を舞台に活躍できるグローバルな人材育成を行っていきます。

stockvault-two-little-girls
Person studying and learning - Knowledge concept

資料・無料体験のお問い合わせはこちらから

営業時間10:00~18:00 定休日:土日、祝日

ファーストラーニング大泉学園